7大陸を走る 著書ご注文 著書外マラソン ●行進日誌一覧表 行進・十話
平和への旅
日誌検索 リ ン ク     
 

日韓国際フォーラム(3)
38度線見学 統一列車はパリへ

朝鮮半島南北の鉄道連結でアジア・ユーラシア大陸鉄道ネットワークが完成する
=2019/06/01、京義線ドラサン(都羅山)駅
ドラサン駅名看板が次(右方向)が北朝鮮のケソン駅を示す
=2019/06/01、ドラサン(都羅山)
新幹線風の統一列車の先頭には“ソウルーピョンヤンーパリ”行きと記してある
2019/06/01、オドゥサン(烏頭山)統一展望台
韓国の体育市民連帯の人達と新日本スポーツ連盟の人達が記念撮影、中央がアン・スルギさん=2019/05/30、ソウル市
 2019年6月1日、今日は38度線(南北軍事休戦ラインで国境)の直近にあるオドゥサン(烏頭山)統一展望台、ドラサン(都羅山)展望台、ドラサン駅などの見学です。
 午前、ソウルの宿からバスで出発し、ハンガン(漢江)の流れに沿った右岸を行くと、北朝鮮から流れてくるイムジンガン(臨津江)と合流する地点に着きました。
 川の中心部が、南北の国境線です。
 右岸の小山オドゥサン(烏頭山)にある「統一展望台」から、数㌔先の北朝鮮を眺めたが、もやがかかり、建物などがはっきり見えません。晴天ならば、人の動きも見えるそうです。
 河口は黄海で、カンファド(江華島)です。
 午後、パンムンジョム(板門店)に近いドラサン展望台とドラサン駅を見学しました。
 現在、南北間の列車も道路も封鎖中です。
 両施設とも、軍事停戦境界線(38度線)の非武装地帯(DMZ=南北2㌔で計4㌔)の直近にあります。
 参照 http://takeda-a.net/marathon-14-dmz
 展望台からは、パンムンジョムや、韓国が開発した北朝鮮側のケソン(開城)工業団地などが見られます。
 ここも、もやがかかり、はっきり見えません。
 鳥観模型図で見ると、ケソン工業団地は、展望台の目と鼻の先にあるようでした。想像していたより近く、驚きました。現在、南北間の問題で稼働停止中ですが、稼働中は、韓国の人達が列車や車で通っていたそうです。
 ドラサン駅の見学では、プラットホームに入り、行き先を示す看板を見ながら、同胞が住む北朝鮮は直ぐそこなのに、人間のむなしさ、情けなさを強く感じました。駅舎に展示の地図を見ると、この鉄道を通って、ポルトガルやトルコなどと、連結する様子が描かれてありました。ドラサン駅からソウル駅までが56㎞、ピョンヤン 駅までが205㎞です。
 午前に見学したオドゥサン統一展望台の展示室には、新幹線風の「統一列車」の先頭車に「ソウル ー ピョンヤン ー パリ」と記してありました。
 すなわち、この鉄道が安定した運行をすれば、朝鮮半島からアジアとユーラシア大陸の鉄道ネットワークが成立します。開通は、平和のシンボルです。日本から見れば、プサン(釜山)駅から、人や物資の移動が大陸の各国へ可能となり、利便性が高まります。
 ここで、一昨日にお会いした、韓国の体育市民連帯の人達を紹介します。
 オ・ジョンス檀国大学教授、イ・ギョンリョル事務局長、パク・へクス前事務局長、檀国大学2年生アン・スルギさんです。新日本スポーツ連盟からは、佐藤好行国際局韓国担当、竹田昭彦日本原水協担当です。
 なお、アン・スルギさんは、今年の国際青年リレー行進に参加します。

 一昨日(30日)の第2分科会で、竹田昭彦が発言した文は以下の通りです。
 なお、文を佐藤好行が韓国語に翻訳し、日韓両国語の印刷物を出席者に配布しました。
スポーツは平和とともに ー 北東アジアの非核化を
                         新日本スポーツ連盟
 新日本スポーツ連盟は1965年に結成され “ スポーツは平和とともに ” をスローガンに、日本のスポーツ界から平和を求める運動をすすめています。1982年、大阪からはじまった反核・平和マラソンは、現在20都道府県以上で開催され、スポーツ愛好者のユニークな平和運動に定着し、世界の核兵器廃絶運動や、日本国民の原水爆禁止平和大行進と連帯しています。その平和行進は、1958年からはじまり、今年で61年です。
2016年から18年の平和行進には、当連盟と国際交流をしている韓国の体育市民連帯から、韓国の青年を延べ4名を招待しました。コースは、広島市と長崎市の距離約500㎞です。その間、約30日歩きました。今年も、韓国青年の参加を要請しています。
 日本と韓国の青年たちは、タスキ “ 国際青年リレー行進 ” を肩にかけて歩きました。
韓国青年の参加は、日本の人々をはじめに、各都市で訪問した市役所、町役場から歓迎を受けました。両国の青年たちは、平和行進の体験から、核兵器の人類と環境への非人道的影響の恐怖、核兵器と人類が共存できないこと、そして日韓両国民の友好親善と連帯運動を学びました。
国際青年リレー行進への日本以外の国の参加は、アジアから韓国、フィリピン、インド、太平洋のグアムです。他に、アメリカ、フランスなどです。
広島市の平和公園と長崎市の平和公園には、朝鮮半島出身者で、原爆で死亡した人々の慰霊碑が建っています。その慰霊碑は、被爆の実相を伝える証しです。
広島市と長崎市に落とされた原爆で、被爆した朝鮮半島出身の人々は、7万人とも、9万人とも言われます。そのうち死亡した人々は、広島市で約3万人、長崎市で約1万人です。全被爆死者の約15%です。被爆した人々の多くは、軍事施設などの徴用工で、過酷な労働を強いられた人々です。正確な数字は、未だに不明です。
 日本の良心あるスポーツ愛好者たちは、日本が起こした侵略戦争と植民地支配を真に反省し、日本とアジア・世界の人々と友好親善の実現、核兵器も戦争もない世界の平和を目指しています。
そのため、日本政府がアメリカの核抑止力に頼ることをやめ、核兵器禁止条約に賛成し、批准するよう運動をすすめています。
 2020年、被爆75周年です。反核平和マラソンを、福島をスタートして長崎まで、1800㎞走る企画をしています。各国のみなん、参加してください。
 核兵器ゼロ! 北東アジアの非核化! 核兵器のない世界を! 訴えましょう!

 
 
7大陸を走る 著書ご注文 著書外マラソン ●行進日誌一覧表 行進・十話
平和への旅
日誌検索 リ ン ク    
 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.