竹田昭彦・日誌(#36)・7月28日(日)    
国際青年リレー行進
韓国のアン・スルギさん来る

神崎宿の一里塚で一休み
=2019/07/28
、神埼市・ひのはしら一里塚
歓迎式で「平和展」案内パネルを職員が提示
=2019/07/28
、佐賀市役所
国際青年リレー行進参加の韓国青年アン・スルギさん(前列右から2人目)が佐賀市に到着
=2019/07/28
、佐賀市
 今日は、吉野ヶ里町、神埼市、佐賀市の行進と役所訪問です。
 天気は、晴れで暑かったです。
 9時、吉野ヶ里町役場で出発式が開かれ、町長から激励の挨拶を頂き、ペナントと署名簿が託されました。
 町長は。「難しいことはいいません。いざこざは話し合いで解決して仲良くすべし」と強調されました。
 行進へ移ると、直ぐに汗が出ました。
 40分歩き、神埼市に入った「ひのはしら一里塚」で休憩です。この一里塚は、長崎街道で、原型で残る唯一の一里塚です。
 参照 http://takeda-a.net/16-7-09
 10時25分、神埼市役所の会議室で、市長メッセージを総務企画部長から披露頂き、市長名ペナント、職員からの署名簿を託されました。
 会議室は、冷房が効き、
冷茶の接待を頂き、暑さをしのぎました。
 午後4時、佐賀市役所で歓迎式が開かれ、市長メッセージを副市長から披露頂き、ペナントを託されました。
 市は、例年、平和展を開催しており、今年が第28回目(佐賀市立図書館=8月9日~8月12日)でした。職員が、行進者にチラシが配布され、それをパネル化したボードを提示して案内しました。
 市の職員がボードを提示するのを、初めて見ました。積み重ねの定着を感じました。
 ここで、今日の行進が終了です。
 今朝の行進から、国際青年リレー行進タスキを小学5年の男の子がかけ、終日行進しました。
 お母さんが、「平和行進うちわ」でわが子を扇ぎ、応援していました。熱心に扇ぐので、一人っ子かと思い伺うと、3兄妹の1番上でした。
 まわりの年配者たちは、その子が大人になって、平和行進に参加するだろうと、期待の声がかかりました。
 子どもの参加は、必ず未来につながると思います。
 午後9時過ぎ、茨城県、千葉県、東京都の平和行進に参加した韓国のアン・スルギさんが、佐賀県にやってきました。
 当初の予定では、佐賀空港に午後3時過ぎに着くフラシトでしたが、福岡空港に変更されて遅れ、夕食会(7人)の時間を延長して待っていました。
 元気な姿でみえ、地本の皆さんに歓迎されました。
 スルギさんは、明日から長崎のゴール(長崎平和公園=8月6日)まで、国際青年リレー行進のタスキをかけて歩きます。
 参照 http://takeda-a.net/a-nikkan-sympo
 今日の行進距離は、1町2市を25人前後で15.2㎞歩きました。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.