チャレンジ1800㎞ 反核平和マラソン

☆HOME  ☆7大陸を走る  ☆著書注文  ☆著書外マラソン  ☆平和行進日誌一覧  ☆日誌検索  ☆平和行進十話  ☆平和への旅一覧↑まえ ↓つぎ☆リンク
 
 
被曝75年 福島~長崎1800㎞反核平和マラソン(1)
平塚市・総合公園で42㎞走る

反核平和マラソンを走る筆者
=2020/07/22、平塚市・総合公園
 7月22日、反核平和マラソンを42.195㎞走りました。
 コースは、神奈川県平塚市の総合公園のランニング周回コース(1周=約1.7㎞)です。25回まわりました。
 この催しは、被曝75年にさいし、新日本スポーツ連盟が企画した「福島⇒東京⇒広島⇒長崎1800㎞反核平和マラソン」が、コロナ問題で中止になった為、個人やランニングクラブなどで、自宅周辺や適切な場所で走り、合算して1800㎞を継ぐものです。
 期間は、7月5日から8月9日まで、自由に取り組みます。
 私は、朝の4時30分にスタートし、終わったのは2時40分でした。タイムは、8時間9分57秒です。
 公園には、野球場、サッカー場、体育館、児童用の大形遊具、小動物園(ポニーにも乗れる)、小川遊び、バラ園などがあり、平日でも大変賑わう公園ですが、今は激減です。
 アピール効果は、いまいちでしたが、蒸し暑いなか黙々と走りました。
 通常の平和行進も中止になるし、残念な年になってしまいました。
 新自由主義に基づく資本の利潤ファーストは、地球の自然界の秩序を破壊し、未知の新型コロナを取り込むまでになってしまいました。そして、軍事力や軍事費は、「役に立たない」ことが明らかです。
 自然の秩序を守ることと、核兵器ゼロ・軍事費ゼロの運動は、一体だと思います。
https://www.njsf.net/zenkoku/1800km-peacerun/

☆HOME  ☆7大陸を走る  ☆著書注文  ☆著書外マラソン  ☆平和行進日誌一覧  ☆日誌検索  ☆平和行進十話  ☆平和への旅一覧↑まえ ↓つぎ☆リンク
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.