竹田昭彦・日誌(#40)・7月12日(木)    
台湾の青年
イー・スアン・フアンさんが参加

国際青年リレー行進に台湾の女性イー・スアン・フアンが参加(中央)、右は長崎→広島コース通し行進者の嶋田紀子さん=2018/07/12、
かすが平和カレーの昼食風景
=2018/07/12、春日市
イー・スアン・フアン(左)の連帯の挨拶
=2018/07/12、福岡市中央区・警固公園
 今日は、筑紫野市の行進、太宰府市の行進、大野城市、春日市の行進と市役所訪問、福岡市南区と中央区の行進です。
 天気は、晴れで、日差しが強くなってきました。
 9時、筑紫野市役所前から、出発式なしで行進が出発しました。
 市役所が、水害対策などで緊急事態だからです。
 昨日の副市長の挨拶では、亡くなった方がおられるとのことです。
 今日の行進から、台湾の青年女性イー・スアン・フアンが、国際青年リレー行進として参加しました。
 ニコニコ笑顔で歩いています。
 10時10分、太宰府市の水域跡第2広場で休憩し、太宰府市長、議長からのメッセージが披露されました。行進が長崎へ向かうときは、市役所を訪問しますが、広島へ向かうときは、訪問しないそうです。
 コース取りによるようでした。
 10時55分、大野城市役所へ着くと、職員20人が出迎えられ、冷茶の接待がありました。嬉しいことです。
 伊藤和久市民福祉部長から、市長からのメッセージが披露され、激励を頂きました。
 11時55分、春日市役所近くの男女共同参画センターなどがある「じゅなさん」で、「かすが平和カレー」の昼食です。既に、午後の行進参加者が食べ始めており、盛況でした。
 井上澄和市長、金堂清之議長も一緒に食べました。
 そして、市長、議長から激励の挨拶を頂きました。
 市長に「十話」を差し上げますと、昨年も差し上げたことを覚えておりました。
 私は、「かすが平和カレー」を掲載した思いの方が、強い印象で、忘れてしまい失礼をしました。
 「かすが平和カレー」は、恒例で、皆さんが楽しみにして歩いています。
 参照 takeda-a.net/17-7-25
 午後の行進では、春日市にある航空自衛隊春日基地により、門前で、安部津三内閣総理大臣、小野寺五典防衛大臣宛に、「被爆国の政府として、核兵器禁止条約の署名、批准を行うこと」など、4項目の要請をしました。
 また、福岡市中央区にある九州電力本社により、入り口で、池部和弘社長宛に、「原発事故による住民の安全を守るために、川内及び玄海原発の稼働は停止してください」など、3項目の要請をしました。
 午後6時25分、中央区の警固公園で、「2018年原水爆禁止国民大行進 福岡県歓迎集会が開かれました」。
 連帯の挨拶に立ったイー・スアン・フアンは、「台湾の原発3か所から出る放射能廃棄物で、日本の被爆者と同じように苦しんでいる。汚れなく公正で平和な未来を作るため、たたかっている」と話しました。
 今日の行進距離は、6区間を25~50人で17.2㎞歩きました。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.