竹田昭彦・日誌(#22)・7月25日(火)    
春日市の昼食
名物 春日平和カレー

九州電力本社前で要請行動。左側が九電の担当者=2017/7/25、福岡市中央区
航空自衛隊春日基地で要請行動。右が自衛隊の担当官=2017/7/25、春日市
春日市長と市議会議長(奥側)と行進者が一緒に「春日平和カレー」昼食。奥側の左から市長と議長=2017/7/25、春日市「じょなさん」
 今日は、福岡市役所訪問と中央区行進、南区行進と区役所訪問、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市の行進と市役所訪問です。
 そして、九州電力本社、航空自衛隊かすが基地へ要請行動をします。
 天気は、曇りで、通り雨が2回ありました。通り雨は、数分で止む一過性です。地元の人たちは。昔は無かった、短時間的な降り方になったと言います。地球温暖化の異常か、との話しもありました。
 午前6時、朝食(昨日も同じ)をとり、6時50分に宿を出ました。こんなに早い「出勤」は、17間の全国通し行進で初めてです。
 午前9時30分、福岡市役所で出発集会が開かれ、市長と市議会議長からのメッセージが紹介されました。歓迎の挨拶をした市議(共産党)から、3月の市議会で「核兵器禁止条約の実現へ向けた取組に関する意見書」を全会一致で採決し、「内閣総理大臣と外務大臣 宛に提出した」と話されました。
 意見書は、「福岡市議会は、政府が、核兵器を禁止・廃絶する条約の実現のために、交渉会議に参加し、イニシアチブを発揮されるよう強く要請します」としています。
 この意見書は、共産党が提案し、原案通りの全会一致だそうです。世の中の変化を感じました。
 午前9時5分、九州電力本社前で、社長宛に「住民の生命身体の安全を守るために、川内、玄海原発の再稼働は市内でください」など、3項目の要請を行いしました。受け取った担当者は、「上に伝える」と話しました。
 南区の行進になると、警察官とパトカーが付きました。福岡県下の行進で、初めてです。
 正午、航空自衛隊春日基地門前で、内閣総理大臣、防衛大臣宛に「佐賀空港に陸上自衛隊のオスプレイ配備計画は撤廃すること」など、4項目の要請を行いました。担当官は、要請書を受け取りました。
 午後0時15分、春日市男女共同参画・共同センター「じょなさん」前で、福岡市の行進が終わりました。そして、福岡市地域から、ちくし地域へ引き継ぎました。
 その後、「じょなさん」の2Fで、春日平和カレーの昼食がありました。
 市長、議長も一緒にたべ、激励の挨拶を頂きました。
 参照 takeda-a.net/04-7-13
     takeda-a.net/09-7-25
 大野城市、太宰府市、筑紫野市の市役所訪問では、市長、議長から激励のメッセージを頂きました。
 今日は、山田太枝さんの72歳の誕生日でした。おめでとうございます。
 夕食時に、私の走友で筑紫野市在住の方から頂いたシャンペンで、誕生日を祝いました。友人も72歳で、行進中の山田さんを、同じ年齢だろうと思ったそうです。
 今日の歩いた距離は、8区間を50~30人前後で19.7㎞です。
 なお、午後の「ちくし地域」4市の参加者延べ人数は、92人と報告がありました。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.