竹田昭彦・日誌(#01)・3月18日(水)    

西本あつし墓・参り
平和行進の安全と成功を祈願

JR国定駅から両毛線沿いに西本あつし墓がある養壽寺へ向かう=2020/03/18、伊勢崎市
西本あつし墓参り=2020/03/18、養寿寺
西本あつし墓前で平和行進の安全と成功を祈願する筆者=2020/03/18、伊勢崎市・養壽寺
 3月18日、群馬県伊勢崎市国定町の養壽寺(ようじゅじ)に眠る、西本あつしさんのお墓参りをしました。
 参加者は、2020年の全国通し行進者で東京都の山口逸郎さん(四国→広島コース)、同五十嵐成臣さん(宮崎→広島コース)、神奈川県の竹田昭彦(北海道→東京・内陸コース)、2012年に東京→広島コースを通し行進した東京都の渡邉正郎さん、映画「一歩でも 二歩でも」監督で東京都の有原誠治さんと、地本の方々6人の計11人です。
 お墓参りは、2015年からはじまり、今年で6回目です。

 
天気は、晴れでしたが、群馬の「空っ風」が吹きました。
 今年は、地本で宣伝カーを用意され、沿道にスピーカで
訴えながらJR国定駅から墓地まで行進しました(1.6㎞)。
 歩いた人も7人で目立ち、例年より多くの車窓から手が振られました。
 両毛線路脇の道路では、電車の通過にあわず、期待の激励汽笛のないのが残念でした。
 1昨年は、電車の運転手が「ピー」と汽笛を鳴らし、激励されたので、「今年も鳴るか」と話題になったからです。
 参照 takeda-a.net/18-4-15
     takeda-a.net/19-3-20
 私の今年の通し行進の推薦は、新日本スポーツ連盟からです。 
 それで、今日は「スポーツは平和とともに」の幟旗を持って行進し、西本あつしさんの墓に掲げました。
 私は、市民マラソンの愛好者で、当連盟のマラソン大会や反核平和マラソンに参加してきたので、戦争のない平和な世界であってこそ、スポーツができると思っています。
 かって、1940年(昭和15年9月から10月)の第12回オリンピックは、アジアで最初に開催する東京オリンピックでした。私の生まれた年です。
 ところが、日本が1937年に日中戦争を起こしたことで、戦争が国政の主力となり、オリンピックを返上する事態となりました。日常的な国民のスポーツの楽しみや、プロ野球の試合なども禁止され、スポーツは、軍事教練や鍛錬の軍国主義に利用されました。
 野球選手も次々に徴兵され、スターだった巨人軍の沢村栄治投手の戦死は有名で、語り継がれています。
 アテネマラソン(第9回 国際アテネ平和マラソン)を走ったとき(1991年10月)、ゴールしたスタジアム(近代オリンピック第1回パナイナイ競技場 )の壁にはめ込んだ大理石のオリンピック歴表には、第12回東京「開催されず」と刻まれていました。
 もし、開催されていたなら、東京に住んでいたので父母に連れられて見たことでしょう。
 参照 takeda-a.net/zyuwa31-06-atene
 今年の2020年第32回東京オリンピックは、コロナウイルスの世界的な猛威で、開催が危ぶまれています。
 既に、3・1ビキニデー、ニューヨーク世界大会が中止になりました。参加を申し込んでいたのに、残念でなりません
。一日でも早い収束を願っています。
 長引けば、平和行進や広島・長崎の世界大会も心配です。

 * 竹田昭彦の北海道→東京・内陸コース参加は、家族の病気介護のため3月26日に中止となりました。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.