竹田昭彦・日誌(#21)・7月24日(月)    
トランプ大統領の広島長崎訪問要請
米領事館 受取らず

在福岡米国領事館前で要請行動を見守る行進者=2017/7/24
歓迎集会で連帯の挨拶をするイ・ジェファンさん
=2017/7/24、福岡市城南区役所
 今日は、福岡市の中央区、城南区、早良区、西区の区役所訪問と行進です。
 天気は、曇りで、朝と日中に通り雨が降りました。汗は、さほど出ませんでした。
 今日の朝食は、6時でした。2001年から全国通し行進をはじめて、最も早い朝食です。電車通勤だからです。
 8時55分、中央区役所で出発集会が開かれ、行進へ移りました。
 9時45分、在福岡米国領事館を訪問し、「トランプ大統領は、広島及び長崎の原爆資料館を見に来て下さい」。『トランプ大統領は、核兵器廃絶のため「核兵器禁止条約」の発効に向け国際的なイニシアチブを取って下さい』など、4項目の要請をしました。
 要請書は受け取らず、「郵送して下さい」との対応でした。政権が代わると、直ぐ外交に影響するものです。
 参照 takeda-a.net/09-7-24.html
 午後4時35分、西区のJR周船寺駅に到着し、今日の行進が終わりました。
 各区役所訪問では、福岡市職労組による冷水の接待を頂きました。
 今日の歩いた距離は、7区間を35~70~35人前後で17.9㎞です。(コース予定表は18.8㎞)

 イ・ジェファンさんの新しいメッセージを紹介します(#5、7月23日)。
 なお、メッセージは5種類になりました。その場に応じて使い分けをしています。通訳は、嶋田紀子さんが担当しています。

 こんにちは。韓国の体育市民連帯で活動しているイ・ジェファンです。広島から長崎まで歩いています。
 行進中、多くの方に出会いました。会う人は、皆明るい表情と、輝く目を持っていました。
 日本の言葉を正確に理解していませんが、あなたの表情と、目を見ても、この行進の深い意味と、目標が感じられます。一緒に、その目標へ、向かって進んでいきます。
 去る7月7日、国連では、初めて核兵器禁止条約を採択しました。嬉しいニュースです。
 しかし、この条約に韓国、日本、核兵器を実際に保有している米国とロシア、北朝鮮などは、参加していません。120以上の国が参加したが、物足りなさが残るのは事実です。
 特に、韓国が抜けているということは、とても悲しく、皆さんに申し訳ありません。
 世界で唯一の被爆国である日本と、北朝鮮と国境を接している韓国が、この条約に参加した場合、より多くの国の参加が、あったと思います。
 韓国と日本の政府は、米国の影響から抜け出し、この条約に参加したい下さい。
 国連の核兵器禁止条約制定を、心から歓迎します。ありがとうございます。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.