竹田昭彦・日誌(#19)・7月22日(土)    
炎天が続く
暑さに負けず歩く

イ・ジェファンがスマホで「会話」
=2017/7/22、新宮町
冷えたスイカで接待
=2017/7/22、福岡市東区
 今日は、古賀市、新宮町の役場訪問と行進、福岡市東区の行進です。
 天気は、昨日に続き猛暑でした。昨日より暑さを感じました。
 8時45分、古賀市役所で出発集会が開かれ、市議会議長から激励を頂きました。
 昨日の行進到着と、今日の行進出発のときと、同じ自治体から首長と議長から、別々の日に激励を頂くのは、岡垣町と似ています。
 早朝から、蝉の鳴き声が盛んで、暑くなるのを覚悟して出発しました。
 10時10分、新宮町役場へ着きました。役場の広い幅の入り口通路に「非核平和都市宣言の町 新宮町」の塔があるのを思いだし、写真を撮ろうとしたが見当たりませんでした。
 朽ちたので、撤去したそうです。再建を願いました。
 参照 takeda-a.net/16-7-15
 玄関では、土曜日の休庁日にもかかわらず、町職員による冷水の接待がありました。
 町長メッセージを総務課長から披露され、議長から激励をいただきました。
 町長メッセージでは、国連の核兵器禁止条約採択にふれられ、励ましを頂きました。
 禁止条約にふれられる自治体の激励が徐々に増え、嬉しくなってきました。
 ここで、古賀地域実行委から福岡市実行委への引き継ぎました。
 先頭のリレー横断幕を持った若い看護師とイ・ジェファンさんが、スマホを使った「会話」が弾みました。若い人は、スマホの操作が素早く、実際に「会話」をしているようでした。両者とも笑顔と笑い声が絶え絶えませんでした。
 横断幕の両端を持つ、おじさん、おばさんには操作が無理な対応でした。
 11時30分、福岡市の東区へ入った梅ヶ崎公園で休憩です。
 食べきれないほど、スイカの接待がありました。民医連の城浜診療所職員による、恒例だそうです。すすめられるままに、数切れいただきました。冷えた水分の豊富なスイカで、猛暑の行進には何よりです。
 12時55分、東区の香椎(かしい)で、今日の行進が終わりました。
 午後は、地元でハングル語を話す婦人を交えた、行進実行委員会役員との交流会がありました。
 今日の歩いた距離は、3区間を60~80人で10.8㎞です。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.