竹田昭彦・日誌(#11)・7月14日(金)    
高層マンションから 手が振られ

JR山陰本線須佐駅で記念撮影
=2017/7/14、萩市須佐
阿武町行進の出発式で花田憲彦町長(右)から激励を頂く=2017/7/14、阿武町役場
萩市行進終了式で感想を話す国土交通労組員(右)=2017/7/14、萩市役所
 今日は、萩市須佐地域、阿武町、萩市の行進と役所訪問です。
 天気は、晴れで、蒸し暑かったです。
 9時、萩市役所須佐総合事務所で出発式が開かれ、所長から激励の挨拶を頂き、行進へ移りました。
 須佐地域は、1昨年7月に萩市東部を襲った集中豪雨で大きな被害を受けました。復旧工事は、今も続いていました。
 参照 takeda-a.net/16-7-25
 行進コースには、車両の行き交いも少なく、交通事故の心配をしないで歩けました。
 行進終点のJR山陰本線須佐駅へ着くと、女性が出迎え「帰りに寄って下さい」といわれました。駅内売店の人でした。デジカメのシャッターをお願いしますと、引き受けてもら、行進者の集合写真を撮りました。
 売店では、郷土品を販売しており、イカ墨を入れたアイスクリームを買って食べました。真っ黒のアイスクリームで、乳脂肪も多く、旨かったです。須佐は、「須佐男命イカ」で有名です。昨夜は刺身で、今日の昼は天ぷらで食べました。今年は、漁獲量が少ないと、宿の女将さんがいっていました。
 10時50分、阿武町役場で出発式が開かれ、花田憲彦町長から激励を頂きました。
 町長は、国連の核兵器禁止条約に日本政府が賛同しないことに、苦言されました。町長と記念撮影後、行進へ移りました。
 行進は、「道の駅阿武町」で終わりました。阿武町は、「道の駅」の発祥地です。
 午後1時、JR山陰本線東萩駅前で出発式が開かれ、行進はロータリーを回って市街地へ向かいました。
 駅前の高層マンションの5階ベランダから、2人の女性が両手を大きく振って、声援されました。スタート早々の激励で、嬉しくなりました。
 その後、田町アーケード商店街でも、店舗から手が振られ、激励をもらいました。
 午後2時25分、到着した萩市役所で終了式が開かれ、高橋博史副市長から激励の挨拶を頂きました。
 副市長は、核兵器禁止条約に日本政府が賛同しないことに苦言され、「皆さまの運動が力になる」と励ましを頂きました。
 その後、参加者の感想が話されました。
 萩市の行進終了後は、宣伝カーで山陽小野田市へ移動しました。
 山口市は、日本海と瀬戸内海に面しており、山岳部が多く、かつ自治体が平成の大合併で3分の1に減少しました。その移動に、たいへん時間を要します。
 今日の歩いた距離は、20人前後で4区間4.9㎞です。沿道募金は、4233円を頂きました。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.