竹田昭彦・日誌(#05)・7月08日(土)    
核兵器禁止条約採択
国民の喜び実感

白い蓮の花咲く蓮根の田圃を通る。岩国は蓮根の産地=2017/7/08
沿道募金を頂く=2017/7/08、岩国市
周防大島町議会議長(右)からペナントをリレー横断幕に付けて頂く
=2017/7/08、周防大島役場
 今日は、岩国市、周防大島町の行進と役所訪問です。
 天気は、曇りで、午前の一時小雨が降りました。
 9時30分、岩国駅前で出発集会が開かれました。
 どなたの挨拶も、国連で、核兵器禁止条約が採択された喜び一色でした。
 私も、今日からは「日本政府は核兵器禁止条約に賛成せよ」と、的が絞られると話しました。
 行進へ移ると、対向車の車窓や沿道の人から多くの手が振られました。岩国に、米軍基地があるからだろうと思いました。
 午後1時40分、休憩場所のJR藤生駅に着くと、スイカの接待がありました。
 とても、甘いスイカでした。大切りで、食べ応えがありました。だいぶ用意されており、お代わりしました。
 行進に移ってから、スイカの写真を撮るのに気づかず、撮らなかったことを悔やみました。
 2個食べたいな、と思った「食い意地」が先行して、撮るのを忘れました。
 午後3時15分、JR通津駅で岩国市の行進が終わりました。
 行進中に、手を振る人が多かったことについて、地元の参加者たちも、これまでなかったと言っていました。
 戸を半分開いて、行進している人に「平和行進でーす」と手を振ると、出てきて「ご苦労さま」と言われる人や、庭から歩道まで出てくる人が多かったです。表情も和やかでした。
 行進者たちで意見交換すると、ニュースで核兵器禁止条約採決を聞いており、そのあらわれだと一致しました。
 世の中が変わるという実感が湧きました。そして、これから日本政府に批准させる運動が、たいへん重要になると思いました。
 通津駅で、今日の行進が終わりだな、と思い込んでいたら、周防大島へ車で移動でした。
 午後3時半過ぎ、周防大島の大島病院前に着くと、行進者たちが待っていました。
 直ちに出発集会が開かれ、行進へ移りました。
 女の子が3人参加しており、賑やかでした。3歳の子は、1歳のよちよち歩きのときからの参加で、3回目だそうです。
 島内の行進は、16回目になります。
 午後4時35分、行進が周防大島役場へ着き、歓迎集会が開かれました。
 土曜の休庁日にもかかわらず、副町長、町議会議長
から激励の挨拶をいただきました。そして、ペナントを横断リレー幕に結ばれました。
 子どもたちは、興味津津に見ていました。
 私の周防大島行進は、4回目で、色々な思いである島です。
 参照 takeda-a.net/04-7-31 takeda-a.net/06-7-31 takeda-a.net/09-7-07 takeda-a.net/16-7-31
 周防大島は、日本3大島の一つです、他は、伊豆大島と奄美大島です。
 今日の歩いた距離は、20~15~25人で15.4㎞です。昨日の沿道募金は、2,442円でした。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.