竹田昭彦・日誌(#01)・5月07日(日)    
神奈川県の行進スタート
愛川町出発式 町議6名参加

愛川町の行進=2017/5/7
愛川町の「愛と平和」のモニュメント(左)と創作カード=2017/5/7
神奈川県の集発集会で紹介される県内通し行進者たち
=2017/5/7、東京都大田区・六郷土手公園
神奈川県の行進隊列の先頭を歩く「神奈川県被爆者の会」の人たち
=2017/5/7、多摩川の六郷橋
東京都から神奈川県への引き継ぎ集会で挨拶する筆者
=2017/5/7、川崎市川崎区・稲毛公園
 神奈川県の平和行進がスタートです。
 天気は、晴れでした。
 今日のコースは、AとBがあります。
 Bは午前で、寒川町の役場訪問と町内行進です。
 Aは午後で、東京から来る行進を、都県境の多摩川で(東京側)出迎え、一緒に川崎市内を行進します。
 そして、行進終了後に、東京から神奈川への引き継ぎ集会を開きます。
 私は、BとAコースに参加しました。

 午前9時30分、愛川町役場で出発式が開かれ、町長メッセージを小野澤悟総務部長から披露され、議長メッセージを行進実行委員が代読しました。
 そして、参加した町議会議員6名が紹介されました。
 これまでにない議員の多数参加に、地元の人たちは喜んでいました。
 議員定数が16名ですから、3分の1強になります。
 全議員へ、参加要請をされたのが良かったようです。私は、国連で核兵器禁止条約の交渉会議がはじまったことから、取り組みが広がっていると感じました。
 もう一つ、ユニークな取り組みがありました。
 役場前の「愛と平和」のモニュメントをモチーフにした、ワッペン風(又はシール風)のカードが、参加者に披露・配布されました(写真2段目)
 首に掛けて下げるヒモも付いています。
 モニュメントは、「愛川平和の町宣言」をした1995年に建てられた、平和のシンボルです。
 全国の自治体の多くに、平和の像やモニュメントがありますが、それをモチーフに活用した取り組みを、私は初めて見ました。
 そのカードに切り込みを入れると、下部の茶色の部分を土台に、上部が立ち、立体的な置物にもなります。
 作者は、製作過程だと話され、行政自体が、平和への啓蒙に活用されることを願っていました。
 上部の丸の部分に、町のゆるキャラの「あいちゃん」の顔を入れたいそうです。
 また、「愛川平和の町宣言」文とモニュメントの写真を入れたラミネート加工のカードも配布される、熱の入れようです。
 参加者が40名を越え、用意したカードが足りませんでした。
 神奈川県の行進のトップを切った、行進にふさわしい取り組みでした。
 愛川町コース参加を希望して、とても良かったです。

 午後2時15分、神奈川の出発集会が、多摩川の東京都側「六郷土手公園」で開かれました。
 私は、「医療生活協同組合かながわ」の推薦で県内通し行進参加です。
 集会が終わる前に、予定より早く東京の行進が到着しました。
 集会を切り上げ、東京の行進に続き、神奈川の行進隊列が出発です。
 多摩川の六郷橋を一緒に渡り、神奈川県川崎市へ入りました。
 参加者は、東京が300人、神奈川が280人、総勢580人の隊列です。
 そして、川崎市役所前を通り、川崎駅前の繁華街を回った後に、市役所近くの稲毛公園で東京都から神奈川県への引き継ぎ集会を開きました。
 私は、県内通し行進者を代表して挨拶し、愛川町行進の盛り上がりを報告しました。
 終了後、通し行進者と事務局の顔あわせの夕食交流会を開いて頂きました。
 また、並行して川崎市内で「平和行進青年交流会」も開催されました。

 今日の歩いた距離は、愛川町が40数名で4.3㎞、川崎市が580人で3㎞です。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.