2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#62)・7月06日(日)
〈 反核平和マラソンと エールの交換 〉
第33回 関西網の目「反核平和マラソン」が中継地の高槻市役所へ到着
七夕の短冊飾りで歓迎を受ける=吹田市
 今日は、高槻市、茨木市、摂津市、吹田市の市役所訪問と行進です。
 天気は、午前が曇りで、午後に小雨が降りました。
 8時45分、高槻市役所で出発集会が開かれ、市長メッセージを副市長から披露され、議長メッセージを市議から披露されました。
 なお、出発式の直前に「反核平和マラソン」が到着して、行進団とエールの交換をし、ゴールの大阪城へ走って行きました。
 エールの交換では、私が紹介され、激励の挨拶をしました。
 私は、被爆50周年(1995年)の時に「反核平和マラソン東京〜広島1500繊廝隠夏間をリレー方式で走ったことがあり、私も大阪城まで走って行きたい気持ちでした。
 今日のマラソンは、第33回 関西網の目「反核平和マラソン」の一環で、今朝の7時30分に、大阪府島本町役場をスタートして、中継地点の高槻市役所に到着した「北摂コース(37)」のランナーです。
 島本町役場をスタートして、7卉賄世摂津市役所です。
 今日は、府下の10コースで実施され、ゴールは全て大阪城です。
 最も長いのは「岸和田コース」の40劼如∈任眞擦い里蓮崑膾緇觚園周回コース」の4.2劼任后

 大阪の他に、京都、奈良、兵庫、和歌山でも開かれています。
 明日は七夕です。
 商店街などには七夕の飾りが目立っています。
 行進参加者にも、青竹に願いの短冊を結び、持つ人が何人もいました。
 吹田市へ入ると、沿道からの参加者が、七夕飾りを持って待っていました。
 そして、手を振って行進へ加わる、ほほえましい光景でした。
 今日の行進は、区間により参加者250人前後で18.6卻發ました。
 茨木市、摂津市、吹田市の市役所訪問では、市長や議長からのメッセージを頂きました。
             
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.