2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#63)・7月07日(月)
〈 大阪から兵庫へ引き継ぐ 〉
豊中市長(左)が行進団に激励の挨拶=豊中市役所
宝塚市立手塚治虫記念館「火の鳥像」前でポーズをとるニーニョさん
 大阪府から兵庫県へ引き継ぐ日です。
 大阪府は、豊中市、池田市の市役場訪問と行進です。
 兵庫県は、西宮市、宝塚市の市役所訪問と行進です。
 天気は、午前が曇りで、午後は小雨が降り、半ば過ぎにやみました。
 8時30分、豊中市役所前で出発集会が開かれ、市長から激励の挨拶を頂き、議長メッセージを市議から披露されました。
 市長は、平和首長会議が、来年5月にニューヨークの国連本部で開かれるNPT(核兵器不拡散条約)再検討会議への要請行動に、全国の首長が199人参加すると話され、注目しました。 
 豊中市役所から池田市役所へ向かう行進が、交通車両の渋滞で大幅に遅れ(25分)、池田市役所での集会が5分という、いそがしさでした。
 そんため、市長(代理の方)と、議長からの激励メッセージを頂くなどの時間だけとなりました。
 12時20分、予定より20分遅れ、兵庫県に入った西宮市役所前で引き継ぎ集会が開かれ、田中さん、五十嵐さん、ニーニョさん、竹田の4人と「東京→広島コース」「和歌山→広島コース」のリレー横断幕が無事に兵庫県へ渡りました。 
 午後1時15分、西宮市役所脇の公園で、兵庫県の出発集会が開かれ、西宮市の市長と議長からのメセージが市議の方から披露され、兵庫の行進がスタートしました。
 小雨が降り、雨天の行進となりました。 
 午後5時20分、宝塚市役所で歓迎集会が開かれ、市長から激励の挨拶を
頂きました。
 今年は、市制60周年、核兵器廃絶平和都市宣言25周年、宝塚歌劇100周年になり、市役所脇の公園(整地中)に、平和の鐘を建てるそうです。
 宝塚市立手塚治虫記念館前にある「火の鳥像」は、宝塚市の「核兵器廃絶平和都市宣言」を記念して、手塚さんが贈呈したものです。
 大阪8日間の行進を振り返ると、語尾の甲高いシュプレヒコールから、「ええじゃないかコール」などに、取り込む試みが日々に増し、来年の行進が楽しみです。
 兵庫の行進第1日目でも、そのような試みを強く感じました。
 思っていたより急展開で、愛知で貰った「和風ラップ・コール」や大阪で貰った「ええじゃないかコール」文を、努力されている方へ渡しました。
 兵庫の行進も、楽しみです。
 今日の大阪府の行進は、参加者が区間により150〜250人前後で8.2卻發ました。
 兵庫県の行進では、参加者が区間により100〜150〜80人前後で10.7卻發ました(今日の合計18.9辧法
              
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.