2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#39)・6月13日(金)
〈 県内通し行進者9人 昨年の3倍 〉
岐阜県内の通し行進者9人が勢揃い=関市役所
国際青年リレーチームの堀浩子さん(右)と両親=岐阜市・金公園
 今日は、午前が美濃市、関市の市役所訪問と行進で、午後は岐阜市の「ぎふ折り鶴平和行進」に合流です。
 天気は、晴れですが気温が上がらず、行進日和でした。 
 岐阜県内の通し行進者は9人です(男性2人、女性7人)。
 昨年は3人でした。一挙に3倍です。
 昨年、初めて通し行進をした女性が、完踏できた感激から、輪が大きく広がりました。
 通し行進7人の女性のうち、国際青年リレーチームを担うのが掘浩子さんです。
 みなさんが、元気に声をだし、手を振って歩かれ、岐阜県の核兵器廃絶運動の息吹を感じます。 
 8時30分、美濃市役所で出発集会が開かれ、副市長と議長から激励の挨拶とペナントなど頂きました。
 行進に移ると、副市長と議長が参加されました。
 美濃市の行進で、初めてだそうです。
 昨日の郡上行進で、副市長と議長が歩いたことから、お願いしたのです。
 郡上も美濃も、大きな1歩です。
 11時25分、関市役所で歓迎集会が開かれ、議会終了を待って市長が駆けつけ、行進者を激励されました。
 市長は、家族の中学2年と小学6年をつれて、8月に広島へ行き、平和資料館など見学すると話され、平和教育のエネルギーを感じました。
 午後1時30分、岐阜市の金公園で「ぎふ折り鶴平和行進」の出発集会が開かれ、堀浩子さんの両親とお会いしました。
 一人っ子だそうで、活躍を見守っておられました。
 岐阜県の行進は、「国民平和大行進」が中心になって行うコースと、生協県連が中心になって行う「ぎふ折り鶴平和行進」コースがあります。
 それを、相互に協力しあっています。
 一昨日の各務原市行進は、「ぎふ折り鶴平和行進」コースでした。
 「ぎふ折り鶴平和行進」コースのときは、「ぎふ折り鶴平和行進」のリレー横断幕が先頭です。
 今日の午前の行進は、参加者が約40人で、歩いた距離は7.6劼任后
 午後は、参加者が約80人で2.5劼任后丙Fの合計10.1辧法
 県内の通し行進者が沿道募金をしていましたが、頂いた金額は分かりませんでした。 
             
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.