竹田昭彦日誌(#29)7月03日(水)
〈 百歳で行進 京都の大江正二さん 〉
 舞鶴市から宮津市への引き継ぎ式、宮津市の行進と市役所訪問、与謝野町と伊根町の役場訪問と行進です。
 10時、舞鶴市と宮津市の境界近くの空き地で、舞鶴地区から宮津・与謝地区への引き継ぎ式をしました。
 その後、車で移動し、KTR(北近畿丹後鉄道)宮津駅前で出発式をして、今日の行進が始まりしました。
 京都府の行進は、地区ごとに引き継ぎ式をして進むようです。 
です。
先頭を歩く百歳の大江正二さん=京都府伊根町
   午後2時50分、伊根町役場へ行くと、百歳になられた大江正二さんにお会いました。
 10年前にお会いしたときは90歳で、軽トラックで来られ、ビックリしたのを覚えています。
 そのときも雨降りで、今日も雨降りです。
 3.2qを歩かれ、私も百歳で歩きたいと思う以外、言葉がありません。
  付き添っていた娘の浦さち子さんは、最後まで歩くのを心配していましたが、小走りをまじえた健脚でした。
 みんなも、心配を超えて喜びました。
 大江さんは、1913年(大正2年)6月23日生まれで、小学校の校長をされた方です。
 「教え子を再び戦場に送るな」と、1960年代から平和行進へ参加されたそうです。 
 
大江正二さんからのメッセージ(提供久永叔)
 大江さんからのメッセージには、「百才と10日の大江正二」と書かれ、百歳での行進を楽しみにした様子がうかがえます。
 宮津市役所、与謝野町役場、伊根町役場の訪問では、首長のメッセージを代理の方から披露いただきました。
 今日は、延べ参加者100人、行進距離は8.7qです。