竹田昭彦日誌(#30)7月04日(木)
〈 京都から兵庫へ引継ぐ 〉
 京都府から兵庫県へ引き継ぐ日です。
 10時30分、与謝野町の加悦(かや)庁舎で出発式を開き、同35分に行進がはじまりました。
 11時25分、与謝野町と京丹後市境の平治峠で、宮津・与謝地区から丹後地区へ引き継ぎ、午後に、京丹後市役所訪問と市内行進をしました。
 昨日と今日の丹後地方の行進は、途中での車移動を、30余人乗りのマイクロバスで行いスムーズです。
丹後に「米軍基地はいらない」と訴える=京都府京丹後市
 京丹後市の丹後半島先端の経ケ岬に、米軍のXバンドレダー基地を新設する計画があり、不安と反対の声が広がっていました。6月15日には、現地近く海岸で500人規模の反対集会が開かれました。
 行進でも、「米軍基地はいらない」の幕を掲げ、訴えていました。
「平和の鐘」を打ち鳴らす2013年の案内ポスター=平和を考える丹後の会
 京丹後市では、平和を考える丹後の会が、原爆や戦争で亡くなられた方の冥福をお祈りし、核兵器廃絶を願う「平和の鐘」を打ち鳴らす運動を続けて19年になります。
 鳴らす日時は、8月6日午前8時15分、9日午前11時2分、15日正午です。
 市内に、寺院や教会が150ほどあり、その半数が鐘を打ち鳴らしています。親子で打ち鳴らす取り組みもしており、市民の参加者が広がっていました。市内に広がる鐘の音を合図に、自宅でもでお祈りできます。ますます広がってほしいと思います。
 午後2時過ぎ、国道187号線の河梨峠のトンネル先の歩道で、京都府から兵庫県へ引き継ぎました。
 急に大雨が降りだし、行進を短時間で切り上げました。雨が激しく、カメラのシャッターを切る余裕もありませんでした。
 参加者は、総勢30人余です。
 兵庫県に入った豊岡市の行進は、午後3時30分から城崎温泉街を、午後5時30分から豊岡駅前の市街地を歩きました。
 今日の京都の行進は、参加者20人、行進距離は4qです。
 兵庫県の行進は、区間により参加者40〜20人で、行進距離は7.1qです。
 延べ3日間お世話になった京都府の皆さん、ありがとうございました。