竹田昭彦日誌(40)7月27日(水)

〈夏休みの子どもたちが参加〉

 天気の話が続きます。
 今日は、台風一過で風が無く、汗が止まりませんでした。発汗は、体力を消耗します。午後の通し行進者の挨拶場面では、私は「ボーとして」、当を得た話が出来ませんでした。話を組み立てる、余裕がなくなっていました。
疲れて寝た子を抱いて歩くお父さん
=みやき町中原

 今日の行進には、夏休みに入ったこともあり、子どもたちの参加が多くありました。途中でくたびれ寝た子を、抱いて歩くお父さんには、敬服しました。「車に乗ったら」、とすすめても、抱いて歩き続けていました。
炊き出しを頂く昼食風景
=みやき町中原公民館

 今日の昼食の話です。炊き出しのおにぎりで、美味しく頂きました。場所は、みやき町中原公民館の和室でした。鮭の昆布巻きなど、手間のかかる珍しい副食もありました。直ぐひらめくのは、「余ったら貰って帰ろう」などという、「食い意地」です。その通り、昆布巻きと、切り干し大根の煮付けをパックして貰いました。写真も、忘れず撮りました。
 夜は、「NPT再検討会議」要請行動(竹田昭彦日誌6月26日参照)に、佐賀県から参加した人たちの報告集会が佐賀市でありました。私も出席しました。報告者が、ニューヨークのデモ行進に参加した体験から、「音楽あり、踊りありで、とてもよかった」「平和行進の方法にも工夫が必要」、と話す一節がありました。直ぐ対話になり、「宣伝カーから音楽テープを流したら」との提案も出ました。
 今日のコースは、鳥栖市役所から国道34号線(長崎街道)を西に進み、みやき町を通り、三田川町役場迄でした。参加者は、終始30人前後です(延べ58人)。歩いた距離は15.5劼任后1萋司膓發錬隠横隠葦澆任靴拭
 通過した自治体では、鳥栖市長さん、みやき町長さん、三田川町教育長さんから、平和行進団への賛同と激励を、屋外や室内の皆が集う場で頂きました。