竹田昭彦日誌(16)7月13日(火)

米軍のイラクからの撤退要求を決議

昨夜は、筑紫野市の二日市温泉泊でした。2回入り、疲れを癒しました。
今日の行進は、筑紫野市役所から、福岡市博多区の福岡第二合同庁舎までです。
9時過ぎ、筑紫野市長さんに見送られ出発しました。途中訪問した太宰府市役所では、総務部長さん以下10数名の職員に迎えられました。当市の非核平和宣言塔が、近くの公民館にあるのを知り、職員の案内で写真におさめました。次に訪問した大野城市では、助役さん以下40数名の職員に迎えられました。庁舎内のほとんどの職員が出られたようで、凄い歓迎です。
カレーの盛付に大わらわ(春日市)
昼食場所になった春日市役所では、市長さんと一緒にカレーライスを食べました。行進者たち80名が入った特設食堂(大会議室)は、大にぎわいでした。12時半まで、10劼曚品發い突茲燭里如美味しく2杯いただきました。自治体が主催する昼食会は、初体験です。こう言うことが出来るのですね。びっくりしました。
休憩で寄った、全建労支部の国道事務所も、初体験でした。私が横浜市水道局に勤めていた時代、仕事で国道事務所に行くのは「敷居が高かった」思いがあったからです。今日は、冷えたスイカを沢山いただき、強い印象に残りました。
平和行進47年の歴史は、各地で独自の取り組みがあります。毎日の行進がわくわくする思いです。これが、草の根運動だ、と実感しています。
福岡第二合同庁舎前で開かれた終結集会では、「イラクからの即時撤退と核兵器の廃絶を要求する決議」「プルサーマル計画の中止を求める決議」を採択しました。明日の行進で、米国領事館と九州電力へ渡します