Home Top まえのひ

<竹田昭彦日誌(56)7月31日(木)>

1時間5kmのハイペース

国道54号線を速足で行進=三次市
 7月31日、7月に入って2回目の夏日の晴天です。
 広島に入って最初の行進は、三次(ミヨシ)民商事務所から出発し、三次市役所を訪問して、その後、隣の甲田町の役場までです。
 広島に入っての行進は、沿道の人やドライバーの雰囲気が変わりました。手を振る仕草が大きく感じます。
 行進も速いペースで進みます。国道54号線を通ったときにチェックしたら、1劼鬘隠科切ってで歩いていました。1時間で5勸幣綽覆澆泙后
 当初、リレー横断幕を持った先頭で、これまでのペース(1時間で4辧砲琶發い討い燭蕁△發辰搬く歩くよう指示されました。
 子どもも参加しているから無理だろうと思いましたが、この地域では普通の速さだそうです。
 8時半に出発してから、11時40分の昼食までの間、休憩時間をはさみ11.7劼睚發ました。
ほか弁の昼食=三次市・川地公民館
1昨年、茨城県のつくば市で、1日30匚埒覆靴浸のハイペースを思い出しました。
 今日の行進には、パトカーが後ろに1台付いた他、徒歩のお巡りさんが4人おり、行進団と一緒に歩きながら車の交通規制をしていました。ペースが乱れず、歩きやすかったです。
 また、行進団の後方に渋滞した車を通すため、突然、対向車線に止められたドライバーさんも、イヤな顔をせず、行進団に手を振ってくれました。
 昼食は、公民館のホールにゴザを敷き、車座になって弁当を食べました。
 食後に交流会が開かれ、自己紹介と行進の感想を述べ合いました。参加者の思いが伝わり、良かったです。行進が速い、と言う人はおらず、皆さん健脚です。
 今日の参加者は、区間により20〜30余人で、歩いた距離が19.2劼任后




Home Top まえのひ