竹田昭彦日誌(#81)7月26日(金)

〈無事 東京上野にゴールイン〉

(左から)竹田、豊田さん、松島さん
=上野・東照宮

 「北海道→東京・内陸コース」の最終日で、豊島区、文京区、台東区の行進です。
 午後2時、豊島区「中池袋公園」からの出発です。
 出発集会では、豊島区の総務部長さんから激励の挨拶をいただました。部長さんは、豊島区は「非核平和都市宣言」が、23区の中で1番早く、今年で20年周年にると言われ、記念行事をすと話しました。1番早い宣言を、たいへん誇りにしていました。
 いよいよ終結点の上野公園が近づいてきました。他コースのシュプレヒコールも聞こえてきます。行進者一同は耳を傾け、シュプレヒコールを自発的にする人も出て、盛り上がってきました。
 私は、北海道でご一緒して青森で分かれた「北海道→東京・太平洋コース」の豊田一子さん、松島正光さんの元気な姿をイメージしました。
 上野東照宮に着くと、豊田さんと松島さんは先に到着しており、かたい握手を交しました。それぞれ役目を果たし、無地に終結したことを喜びました。
 お世話になった各地の皆さま、沿道や自治体訪問で激励下さった皆さま、心から感謝申し上げます。
 終了後、上野の「精養軒」で中央実行委員会の慰労会を開いていただきました。
 今日の東京上野の東照宮への集結コースは、千葉県から入ってきた「北海道→東京・太平洋コース」、埼玉県から入ってきた「北海道→東京・内陸コース)」、山梨県から入ってきた「北海道→東京・日本海コース」の3コースです。
 都内3コースの地元の参加者は、上野の山の宣伝カーの入れる所までで解散されたので、上野東照宮の集結集会に参加される工夫があったら、と感じました。
 今日の行進は、参加者40〜30人で7.4卻發ました。
 これまで歩いた埼玉県の合計は、17.3劼任后
 北海道から東京まで行進で歩いた距離の合計は、396.1劼任后