竹田昭彦日誌(#75)7月18日(木)

〈内陸コースの埼玉県内行進が終了〉

激励する蓮田市長さん(右)=蓮田駅前
土建組合の夕食会(左2人目竹田)

 伊奈町、蓮田市の行進と役場訪問です。
 そして、「北海道→東京・内陸コース」の埼玉県内の日程は、今日で終了です。
 昨夜は、金子さん(伊奈町議)宅に泊めてもらいました。そして、夕食会を開いていただき、金子さんのおすすめ日本酒を美味しくいただきました。
 朝になると、金子さん宅に行進参加者が10数人集まってきて、日程の説明がありました。日程は、出発集会、宣伝カーでの街頭宣伝、行進(約1.km)、再度街頭宣伝の方式でした。役場訪問は、行進後です。珍しい組合せの平和行進でした。
 伊奈町役場訪問では、町長さんにお会いしました。私が遺児であることを話したら、食料不足時代の苦労話が弾みました。米が不足し、米のご飯が食べられなかったそうです。
 午後、蓮田市への引き継ぎがスムースにいかず、数時間の1人待ちがありました。 夕方の5時半過ぎから出発集会が開かれ、行進は0人規模で2kmほど歩き、蓮田駅前で終了ました。
 駅前の終了集会には、樋口暁子蓮田市長さんが見え、激励の挨拶をされました。夕暮れの6時半を過ぎており、付き人もいなかった様子で、たいへん感動しました。
 その後、埼玉土建組合の岩槻蓮田支部の夕食会に招かれ、参加者30余人の熱気で、たいへん元気をもらいました。行進の方も、半数に以上が土建組合の人たちでした。
 蓮田駅から8時過ぎの電車に乗り、大宮経由で熊谷市へ移動しました。
 これは、今日で埼玉県下の私の「北海道→東京・内陸コース」の行進が終わり、24日に東京から再出発するため、この間、自宅待機では「もったいない」ので、「北海道→東京・日本海コース」が長野県内で分かれ、群馬県を通って埼玉県に入ってくる来た幹線コースへ、熊谷から参加するための移動です。
 今日の行進参加者は、述べ65人で3卻發ました。