竹田昭彦日誌(#73)7月16日(火)

〈台風で行進を中断〉

縄文ハスの花=騎西町

 行田市、川里町の役場訪問と行進です。
 台風が接近していますが、今朝は。未だ雨が降っていません。
 9時、行田市役所の出発式では、豪雨が襲ってきました。市の課長さんの激励の挨拶をいただき、行進団が出発しました。
 昨日、羽生市役所の出発式のとき、自分の団体リレー旗「平和遺族会」の旗を、羽生平和公園に置いたままでした。自分は、先頭のリレー横断幕を持つ任務があるため、他の人に持ってもらうことが多いです。その確認をしないで出発したのです。
 昨日お世話になった、羽生市議の方が、行進後に通りかかったときに偶然見つけ、今日の出発式に届けられました。それまで、私は忘れたことに気が付きませんでした。ビックリするやら、自己責任を攻めましたが、私の集中力が切れていました。
 豪雨を突いての行進は、行き交う車に手を振っても、車窓が曇っておりドライバーの様子がよく見えません。それでも、がんばって手を振り続けました。
 3.5kmほど行った前田(さきた)神社で休憩し、ここで協議の結果、視界が悪く危険なので、行進を中断する決断をしました。大型台風に2度続けて襲われました。今年の天候は異常です。
 その後、車で川里町役場へ移動して役場を訪問、収入役さんと議長さんにお会いしました。
 今日の行動は午前で終わり、午後は騎西町の縄文ハスの栽培地などを見学しました。
 今日の行進は、参加者20人で3.5卻發ました。