竹田昭彦日誌(#47)6月20日(木)

〈個人宅に泊まりマラソン談義〉

白鷹町の「平和都市宣言」碑

 長井市の行進と市役所訪問、白鷹町、飯豊町、小国町の役場訪問、川西町の行進です。
 11時前、赤湯温泉の宿に、県原水協事務局長の嵯峨勝巳さんが、宣伝カーに乗って来て、私が同乗して長井市へ向かいました。1昨日の山辺町での引き継ぎ式後は、引き継ぎ式がありません。地域により行進方式が違うようです。
 12時10分、行進は長井市「白つつじ公園」から出発しました。参加者12人で長井市役所まで、1卻發ました。
 午後1時、長井市役所を訪問し、市長さんとお会いしました。その後、宣伝カーで移動しながら、白鷹町、飯豊町、小国町を訪問しました。各役場訪問では、地元の町会議員さんが参加しました。
 午後6時、川西町役場前で出発集会が開かれ、原水協本部と長崎市長さんからのメッセージが披露されました。行進に移り、10人で15分ほど歩き、スパー前で終了しました。行進距離は1劼任后川西町の中心部は、旧小松町です。劇作家の井上ひさしさんは、旧小松町出身です。
 夜は、川西町の方々9人参加で、夕食会を開いていただきました。宿は、川西町議の平田千代子さん宅に泊めていただきました。偶然にも、その家族の2人が、私の学んだ米沢工業高校の先輩です。2人とも他県に住み不在でしたすが、1人の方がマラソンをしており、そのビデオを見せてもらいました。私の趣味と一致し、マラソン談義が弾みました。
 今日の行進は、延べ2卻發ました。