竹田昭彦日誌(#44)6月17日(月)

〈1日で10自治体訪問〉

大石田町の「元祖花笠踊り」

 尾花沢市、大石田町、村山市、東根町、天童市、河北町、西川町、大江町、朝日町役場訪問、寒河江市の役場所訪問と、寒河江市の行進です。
  9時、尾花沢市役所を訪問しまし、市長さんとお会いしました。市役所には、ご当地出身の力士「琴若」の大きな絵が飾ってありました。当然に相撲が話しがでました。私は、気が優しそうで、ガッツが欲しいと話しました。
 その後、大石田町、村山市、東根町、天童市、河北町、西川町、大江町、朝日町、寒河江市の役場を訪問しました。延べ10か所、過密スケジュールです。
 各役場訪問では、当該役場の議員さんや地元の方、数名が参加しました。
 大石田町は、花笠踊りの発祥地です。町の中央を最上川が流れ、かつては最上川最大の舟着場がありました。
 東根町訪問では、高橋尚子選手を招待し、第1回ハーフマラソン大会を開いた経過と、その盛り上がりを聞きました。東根町は、さくらんぼ生産が日本一です。
 天童市役所前では、「北村山」地区から「西村山」地区に引き継ぎました。天童市役所訪問では、市が「非核平和宣言自治体協議会」に加盟し、平和行政実行委員会の立ち上げを検討していることを話されました。最近山形市で、その協議会の東北ブロック研修会が開かれ、天童市が出席したそうです。長崎の伊藤市長さんも来られ、有意義だったと言います。
 夕方6時半、寒河江市「寒河江市文化センター」前から、風船を配りながら行進が出発、パトカーが付きました。交差点の赤信号を青に切り換え、スムースに行進しました。53人の参加で、寒河江駅前で終了しました。これまでの、最高の参加者だったと報告されました。商店街は、さくらんぼ祭りの真っ最中で、通りの通り両サイドに、真っ赤なさくらんぼの植木鉢が延々と並べてありました。盗る人はいないそうです。
 今日の行進距離は、53人参加2卻發ました。