竹田昭彦日誌(#40)6月13日(木)

〈役場の封筒に「非核平和宣言の町」〉

神岡町の非核平和宣言塔
=6月12日

 中仙町、角館町、西木村、田沢湖町、太田町、千畑町、仙北町の役場訪問と、横手市内の行進です。
 8時40分、大曲市役所から宣伝カーで役場訪問に出発、参加者は総勢6人です。
 9時10分、中仙町の役場訪問を最初に、角館町、西木村、田沢湖町、太田町、千畑町、仙北町の役場を訪ねました。
 中仙町の町長さんには、能舞台の話を聞きました。歴史があると思い、聞いていみますと、「ふるさと創生」の交付金で建てたそうです。
 角館町役場訪問では、収入役さんと「秋田内陸100船泪薀愁鸞膕顱廚涼無舛鬚靴泙靴拭スタート地点の武家屋敷を通り、私が走った当時(第1回大会、1990年)を思いだしました。
 田沢湖町役場訪問でも、田沢湖マラソンの話しになりました。私は2回走っています。今年開催のパンフレットをもらいました。
 昼食は、田沢湖町の劇団わらび座経営の食堂で食べました。温泉つきの宿泊設備や温泉「ゆぽぽ」があります。昔は、原水禁禁止世界大会に数人の代表を出していたが、最近は出ていないそうです
 太田町訪問では、役場の封筒に「非核平和宣言の町」と印刷してありました。費用をかけないで出来る上手いアイデアです。
 午後4時半、横手市職労事務所を訪問し、「大曲」地域から「横手」地域に引き継ぎました。
 午後6時、横手市役所の「市民広場」から行進が出発し、市街地を一巡し「市民広場」へ戻りました。参加者60人で、2卻發ました。
 夜は、地元の方4人参加で夕食会を開いていただきました。
 今日の行進距離は、2卻發ました。