竹田昭彦・日誌(#38)・8月29日(火)    
歓迎 核兵器禁止条約
日本政府は賛成を! 署名行動

歓迎 国連で核兵器禁止条約採択の看板を出して被爆者国際署名を訴える
=2017/8/29、横浜市戸塚区
会話する高校生=2017/8/29、横浜市戸塚区
 8月29日、横浜市戸塚区のJR東海道本線戸塚駅の地下街で、月例の被爆者国際署名行動に参加しました。
 主催は、「医療生活協同組合かながわ」の組合員たちです。
 参照 takeda-a.net/17-4-27
 今回は、国連で7月7日に賛成多数で採択した核兵器禁止条約「
歓迎」の看板を出して訴えました。
 通行人の多くが看板に目を向けられました。
 訴えにも力が入り、繰り返し「国連で7月7日、核兵器禁止条約が122ヶ国の賛成で採択されました」と話しました。
 そして、日本政府が条約に反対した行動を指摘し、一日も早く「賛成を!」と訴えました。
 訴えながら考えたことは、地下街の通り道なので、通行人が通り過ぎる2、30秒位で話す、スポット風のパターンが良いのではと思いました。
 30秒以上の演説風になると、訴えの主旨が分かりにくくなるだろうと思います。
 聞き耳を立てないでしょう。
 当面は
 ① 国連で条約を採択した成果報告
 ② 被爆国の日本政府が反対したのを浮彫にする
 ③ 日本の賛成で北東アジアと世界がどう変化するか
 など、手短に訴えたいと思っています。
 今日の署名行動では、女子高生4人が積極的に、会話と署名されたのが印象的でした。
 今日は、10人参加の1時間で、44筆頂きました。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.