竹田昭彦・日誌(#03)・5月09日(火)    
川崎の多摩丘陵を行く
アップダウンの難コース

鳴子でピースコールのウォーリーさん
=2017/5/09、川崎市
多摩丘陵地帯の上り坂を行進
2017/5/09、川崎市麻生区
食欲をそそる接待
=2017/5/09、川崎市多摩区
 今日は2コースあり、私はBで川崎市の宮前区、高津区、多摩区、麻生区の行進です。
 天気は、曇りでした。
 8時50分、宮前区役所で出発集会が開かれ、区長メッセージを頂きました。
 宮前区の行進は、2009年からはじまり、今年で9年目でした。きっかけは、同年4月の米国オバマ大統領のプラハ宣言だそうです。
 宮前区に居住したことがある、トランペッターの松平晃さんが、出発集会や行進中に演奏され、行進者への激励や、沿道の人たちにアピールしました。
 10時10分、高津区の東高根森林公園へ到着しました。続いて、高津区役所をスタートしたAコースも到着しました。
 両コースとも早めに着いたので、30分余りとどまり、松平さんのトランペット演奏や、行進グッズの販売がありました。
 12時10分、多摩区役所へ到着し、区長から激励の挨拶を頂き、昼食です。
 午後1時、同所で出発集会が開かれ、全国と県内通し行進者が紹介され、行進へ移りました。
 私は、朝から、国際ヒバクシャ署名を訴えるチラシを、通行人や各戸に配布していましたが、ついつい力が入り、ここで行進隊を見失ってしまいました。
 一緒に配布していた県内通し行進者の金子満智子さんと探し、追いつく失敗がありました。
 午後2時20分、多摩区の寺尾台第1公園で休憩です。
 ここでは、生協の人たちが、冷水や菓子などの接待をしていました。菓子類の包装プラをテーブルに貼り下げてあり、食欲をそそりました(写真3段目)
 昨日の、おにぎり昼食の配慮と似ており、川崎のおもてなしを感じました。
 国際青年リレー行進者のウォーリーさんは、行進のリズムを取るのが上手です。鳴子を鳴らしながら歩いています。
 ピース・コールの「ノーモア・ヒロシマ ノーモア・ナガサキ ノーモア・ヒバクシャ ノーモア・ウォー」部分は、大声でアピールしていました(写真1段目)
 外の日本語の発声は、未だのようです。
 今日のコースは、多摩丘陵地帯で、終日アップダウンを繰り返しました。人工衛星を利用した腕時計で、コースの高度軌跡を見ると、高度600mを中心に100mほどのアップダウンを繰り返していました。
 全国の行進でも、まれに見る唯一のアップダウンコースだと思います。他では、峠を越えるコースが幾つかありますが、終日のアップ・ダウンは、体験がありません。アップダウンの好きな人は、歩いて検証してみてください。
 今日の歩いた距離は、区間により60~110~80人で16.2㎞です。ただし、チラシ配布をしたので、距離は若干長いかも知れません。

 
  copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.