2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#82)・7月26日(土)
〈 岡山から広島へ引き継ぐ 〉
岡山から広島へ引き継ぎ式での岡山県行進団=広島県福山市大門
「非核平和宣言都市」塔を見ながら進む=笠岡市
ソフィアさんの髪を三つ編みに結う女の子=福山市・通し行進者歓迎会
 岡山県から広島県へ引き継ぐ日です。
 岡山県は、笠岡市の市役場訪問と行進です。
 広島県は、福山市の行進です。
 天気は晴天で、昨日に続く猛暑です。
 9時、笠岡市役所で出発式が開かれ、副市長から激励の挨拶を頂き、岡山の最後の行進がスタートしました。
 行進には、副市長、議長ともに参加され、公道を数分歩きました。 
 10時前、国道2号線の目立つ場所に、笠岡市「非核平和宣言都市」と書いた大きな塔がありました。
 そこには、笠岡市原爆被爆会が建立した「被爆60周年記念碑」や、「平和の鐘」があります。
 広島で被爆した人たちが、笠岡市へ逃れてきて、間もなく亡くなられた方が多いと聞きました。
 市は毎年8月6日、その場所で慰霊の催しをしています。
 11時過ぎ、笠岡市立の城見保育園の近くを通ると、行進団を挟んだ小川の堤防に園児14人と保育士2人が「へいわこうしんがんばれ!!」の横断幕を持って出迎え、行進者たちを応援しまた。
 お互いに手を振って喜び合いました。
 その200辰曚廟茲城見小学校で、最後の休憩場所でした。
 そこでは、校庭にテントが張られ、冷やしソウメンの接待がありました。
 毎年、地元の城見婦人会による接待です.。
 冷やしタオルもあり、心遣いを有難く思いました。
 12時40分、行進した国道2号線の岡山県境から広島県へ1.5劼曚鋲った福山市の大門で、引き継ぎ式が開かれました。
 リレー横断幕の「東京→広島コース」「和歌山→広島コース」と、「国際青年リレー旗」が広島県へ、無事に渡りました。
 引き継ぎ式は短時間で終わり、直ぐに行進へ移りました。
 午後4時40分、終点の福山市役所で終了集会が開かれ、議長から激励の挨拶を実行委役員から披露頂き、今日の行進が終了しました。
 マニシャさんにとっては、連日の猛暑がきつく、午後は厳しかったようです。4時を過ぎると、私に「あと何分で終わるか」と何回も質問されました。
 夜は、福山民商主催の「ようこそふくやまへ 通し行進者歓迎会」を開いて頂きました。
 名物の「鯛ソウメン」を美味しく頂き、ソフィアさんとマニシャさんが歌を披露するなど、歌の交流もあって盛会でした。
 参加していた女の子(小学4年)は、なれるのが早く、ソフィアさんの長髪を三つ編みにしてあげ、ソフィアさんは喜んでいました。
 今日の岡山県の行進は、参加者が80人前後で8.5卻發ました。
 広島県の行進では、参加者が区間により80〜60人前後で9.5卻發ました(今日の合計18辧法

ソフィアさんの“ピース・コール”で広島県へ=福山市   

              
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.