2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#79)・7月23日(水)
〈 市長、副議長が行進 総社市 〉
総社市役所で職員50人が出迎え歓迎集会(中央)市長(その右)副議長
作山古墳の山道を行く=総社市三須
総社市の市長(中央)副議長(その左)がそろって行進=総社市
 今日は、総社市の山手支所、市役所、初音支所、倉敷市の真備支所訪問と、各行進です。
 天気は晴れで、時々雲がかかりましが、蒸し暑かったです。
 8時45分、総社市役所の山手支所で出発集会が開かれ、支所長から激励の挨拶を頂き、今日の行進がスタートしました。
 行進へ移り10分ほどすると、田園地を歩き、作山古墳の切り通しの小幅な山道に出ました。
 作山古墳は、5世紀中ごろに築造された前方後円墳で、全国第9位の規模だそうです。
 うっそうとした丘陵で、このような所も行進するので、少々驚きました。
 10時40分、総社市役所へ着くと、職員50人が出迎られ、市長と副議長から激励の挨拶を頂きました。
 市長のあいさつでは、「武器を持たない、再び戦争をしない」ことを強調されました。
 副議長の挨拶では、6月議会で「日本政府は核兵器廃絶の決意と行動を求める」意見書を全快一致で採択したこと、「政府の集団的自衛権行使容認」に反対であると話されました。
 そして、市長と副議長が10分ほど行進しました。
 車道を歩いたので、事故のないよう心配しました。
 午後3時25分、倉敷市役所の真備支所で終結集会が開かれ、支所長からから激励の挨拶と、ペットボトルに入った募金を受け取り、市職労支部と地元の人から千羽鶴が託されました。
 夜、テレビのニュースで、今日の気温が岡山県の各地で、34度前後の最高を記録したと報じました。
 今日の午前と午後の休憩所で、スイカの接待があり、何よりでした。
 今日の行進は、参加者が区間により40〜70〜40人前後で14.5卻發ました。
             
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.