2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#31)・6月05日(木)
〈 和風ラップ・コールも いいね! 〉
ハンドスピカ-を持って大人のまねをする幼児 いいね!
守山自衛隊基地門前で陸上自衛隊第10師団長宛の要望書を読み上げて担当官に渡す
 今日は、瀬戸市、名古屋市守山区の行進と役所訪問です。
 天気は曇りで、時々雨が降りました。連続的に降らずよかったです。
 6月3日からの宿は、名古屋市の中区で10日まで同じ宿です。
 毎日、荷物をまとめる必要がなく楽ですが、「出勤」時間が早くなり、帰りが遅くなります。
 なぜならば、宿を起点に、車で1時間ほどかかる東西南北のスタート場所へ行くからです。
 9時30分、瀬戸市役所前の瀬戸川河川敷で出発集会を開き、市長と議長連盟のメッセージを幹部の方から披露されました。
 雨天の予報でしたが、降らず、太鼓クラブ「ドン舞鼓」の太鼓囃子の音に見送られ、元気にスタートしました。
 雨天による増水で、河川敷が使えない心配もあったそうです。
 ところが、陽射しは一時で、、行進途中に降りだし、大雨となりました。
 それも、短時間ですみ、よかったです。
 愛知の行進では、「いいね!」コールなどの他に、和風ラップ調の節をつけて歌うような、「和風ラップ・コール」をします。
 携帯スピーカーで一節をリードし、行進者が繰り返します(このときには、ケータイスピーカーの、もうひとつのマイクを持つ人も発声します)。
 言葉がはっきりし、語尾が甲高くならず、沿道の人たちに違和感なく、好評です。
 和風ラップ・コールの一部を紹介します。 
  平和行進 やってきた
  なくそう なくそう 核兵器
  ノーモア ヒロシマ
  核兵器 いらない 平和が大事
  ノーモア ヒバクシャ
  平和憲法 守ろうよ
  軍事基地も いりません
  原発やめても 電気は足りる
  福島 返せ 自然を 返せ
 今年も この町 やってきた
 あなたの署名が 世界を変える
 ノーモア ナガサキ
 核兵器 いらない 子どもが大事
 ノーモア ヒバクシャ
 憲法9条 世界の宝
 オスプレイも 入りません
 原発やめて エコ・エネルギー
 脱原発で いこまいか
 午後4時25分、行進途中の守山自衛隊基地門前で、陸上自衛隊第10師団長あての要望書を読み上げ、担当官に渡しました。
 担当官は、雨天に傘もささずに聞き、受け取りました。
 要望事項は以下の通りです。
1 基地公開の記念式典で、レンジャー体験や、戦闘車両に乗せるなど戦闘行為を体験させることをやめて下さい。
2 街の中で、銃を持っての訓練をしないで下さい。
3 戦闘服での通勤をやめて下さい。
 午後4時40分、今日のまとめの集会を30分ほど開き、終了となりました。
 アーサーさんの感想では、住宅街の中にある基地を見て、驚いたと言いました。そして、グアムの基地撤去運動に、連帯して取り組む決意を強くした様子でした。
 今日の行進は、参加者が区間により100〜120人前後で、歩いた距離は8.9劼任(名古屋市守山区役所訪問で、午後の第1区間の行進(約100分)に不参加のため、その距離を除く)。
 延べ参加者は、352人と報告がありました。
 沿道募金は68,063円、沿道署名は538筆を頂きました。
 事前に、募金のお願いの封筒を配布をした地域では、54戸から募金が寄せられました。留守宅では、募金袋を玄関に貼ってあったそうです。
             
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.