2014年 原水爆禁止 国民平和大行進  
竹田昭彦日誌(#26)・5月31日(土)
〈 静岡から愛知へ引き継ぐ 〉
交通整理をするJMIUの通し行進者=湖西市
ブラスバンドの歓迎を受ける=豊橋市・桜丘高校
生まれて初めて誕生日のケーキを頂く=豊橋市・交流夕食会
 静岡県から愛知県へ引き継ぐ日です。
 静岡県は、湖西市の行進と市役所訪問です。
 愛知県は、豊橋市の行進です。
 天気は晴れですが、薄いガスがかかりました。
 8時4分、湖西市鷲津駅前の「ひまわり広場」で出発集会を開き、静岡最後の行進がスタートしました。
 県外の参加者もあり、顔なじみの方とも会いました。
 集会の私の挨拶で、甲子園球児だった山本さんのエピソードを話しますと、どよめきが起きました。
 9時30分、湖西市役所で市長と議長から激励の挨拶とペナントを頂きました。
 三上元湖西市長は、昨年、長崎市で開かれた原水爆禁止世界大会で「原発は原爆と同じだ」と明言された方です。
 その発言の壇上に、私は「富山→広島コース」のリレー横断幕を持って立っており、隣で聞き、凄い市長だと感激しました。
 頂いたペナントには、「原発ゼロ」と書いてありました。 
 静岡の行進では、警察官がほとんどつかず、行進リーダーが交通整理をしています。
 今日は、JMIU(全日本金属情報機器労働組合)の通し行進者が、交通整理を引き受け、精を出しました。
 行進参加者が100人を超え、狭い道路では1列縦隊や、2列縦隊になるので長くなり、たいへんでした。お疲れさまです。 
 12時、引き継ぎ式が、県境に近い湖西市の西部公民館前の広場で開かれました。参加者総勢は、約400人でした。
 通し行進者の田中さん、アーサーさん、山本さん、竹田の4人は、リレー横断幕を無事に愛知県へ引き継ぎました。
 今日で終わりの山本さんは「エラーしなかったよ」と言いました。
 実は、昨日「明日が野球で言う9回の裏だから、この攻防で勝たないと和歌山に帰れないよ」と、私が話していたからです。
 歩くのが辛く、救護車に乗ろうと思った日もあったようです。
 13日間の完踏、よかったですね。
 午後5時25分、終了場所の豊橋市の桜丘高校に着きますと、生徒によるブラスバンドの演奏で迎えられ、生徒会長から平和宣言文が読み上げられるなど、大歓迎を受けました。
 答礼の挨拶をした田中さんは、感激に胸が詰まり、絶句するほどでした。
 校庭には、平和の塔が建てられ、「原爆の火」がともされています。
 夜には、愛知県内通し行進者24人たちと、打合せの交流夕食会がありました。
 その席上、私の74歳の誕生日を祝って、ケーキを2個も頂きました。
 誕生日を祝うケーキを頂いたのは、生まれて初めてです。
 生涯の思い出になりました。
 静岡県湖西市の行進は、参加者が区間により80〜150人前後で、歩いた距離は6.4劼任后静岡県全体の行進では、沿道募金の総計が60万円を超えたと、報告がありました。 
 愛知県豊橋市の行進は、参加者が250人で、歩いた距離は12.4劼任后1萋司膓發錬隠,470円、沿道署名は245筆を頂きました。そして、行進の延べ参加者は、1,200人以上と報告がありました。
              
copyright(c) takeda akihiko all rights reserved.