竹田昭彦日誌(#62)8月05日(月)
〈 長崎を行進 〉
 長崎県の諫早市と長崎市の行進です。
 8時23分、新幹線の広島駅から、さくら543号に乗り、長崎へ向かいます。
 博多駅で特急かもめ13号へ乗り換え、諫早駅で快速へ乗り換え、11時40分過ぎ(雨天で5分遅れる)喜々津(ききつ)駅へ着きました。
 目指す、長崎県諫早市役所の多良見(たらみ)支所は、喜々津駅から見える3分の所です。
 12時30分、多良見支所(旧多良見町役場)で、午後の出発集会が開かれ、そこから長崎の行進に参加しました。  
広島平和記念公園でマラヤ・ファブロスさん(左)と筆者=2013/8/4
 昨日、広島平和記念公園の終結集会へ、元気な姿を見せたマラヤ・ファブロスさんとパチリです。
 広島でお会いでき、たいへん嬉しいです。
長崎市を行進する「沖縄→長崎コース」通し行進者の五十嵐成臣さん(左から2人目)
 「沖縄→長崎コース」通し行進者の五十嵐成臣さん、「広島→長崎コース」通し行進者の横井霞さんとお会いし、一緒に歩くことができました。
 五十嵐さんとは、1昨年も、多良見支所から一緒に歩いた思い出のコースです。
 このコースは、世界大会のメーン会場が長崎になる年で、広島で行進が終わり、長崎も行進したい人にお薦めです。
 午後3時45分、長崎市の日見公園に到着し、今日の行進が終わりました。
 行進参加者は50人前後で、10q余歩きました。午前を含めた延べ参加者は、70人と発表されました。
 今日、歩いたコースの距離は、日程表で10qと書いてありますが、163分歩き14,899歩でしたので、11qくらいあると思います。携帯電話のGPS測定は12.7qで、プラス誤差が多すぎ採用できません。
 距離にこだわるのは、マラソンを趣味としている性からです。
≪ シュプレヒコール考 ≫   
   これまで、シュプレヒコールの活用や表現方法については、沿道の人たちに与える影響を観察して、提言もしてきました。
 今年の平和行進中央実行委員会総会(2013年2月8日)では、前年の総括文書に『シュプレヒコールは行進の意気を高めますが、「命令調」の語尾に力の入ったシュプレヒコールは、沿道の人たちから耳をふさがれるなど、イヤがられた体験を何回もしました。シュプレヒコールを活用する場合は、目的の検討と工夫が必要です。という意見もよせられています』とあります。
 これを受けての工夫が、当日誌の5月6日号で紹介した「2113年ピースコール(案)」です。
 その案を、「富山→広島コース」の幾つかの地域で試行されました。
 まとめてみますと
 @ 音頭をとるアナウンサーが、ぶっつけ本番のところは、1回か、2回やってみて調子がとれず、止めてしまうところが多かったです。その中で、「命令調」のシュプレヒコールに切り替えたところもありました。
 A これまで、シュプレヒコールをしてこなかった地域でも、今回取り組み「今でしょう?」コールや、「いいね!」コールを繰り返し、行進者の笑いも誘いながら、調子が上がったところもありました。
 B ピースコールの原稿が「○○を守りマショウ」となっているのを、何回か連呼するうち、「○○を守レー!」の「命令調」に替えるところもありました。
 C いずれにしても、シュプレヒコールを耳にする沿道の皆さんに、違和感を与えず、受け入れられるコールにするには、アピールする趣旨の話し合いと工夫に、時間をかけた取り組みが必要と思いました。
 また、中央実行委員会作成のカセットテープやCDの音楽も、昨年から中身が「今風」にかわり、賛否両論が聞かれました。テープやCDにかわり、小型化した多機能のIT機器(ITレコーダー)も普及してきました。
 時代の変化とともに、平和行進を演出する工夫の発展が、求められていると考えています。