竹田昭彦日誌(#07)5月15日(土)
国連本部へ 署名提出を報告
 今日は、富良野市の署名行動と行進です。
 朝の9時過ぎ、新得町の宿を車で出て、南富良野町へ行きました。
 昨夜は、時間的に余裕があったので、金銭出納帳などの事務整理と睡眠時間がとれ、やっとニューヨークの時差ボケと疲労が回復してきました。
 北海道へ来てから、待ちにまった晴天です。雪景色の山々が輝いて見えます。残雪の狩勝峠を越え、南富良野町の役場へ着きました。
 11時、富良野市役所前で帯広地区の事務局長竹腰三男から、富良野地区の実行委員長近田靖久さん(他2人)へ引き継ぎをしました。
署名行動=コープさっぽろ富良野店
 午後1時過ぎ、富良野市の「コープさっぽろ富良野店」前で、署名行動をしました。
 私は、5月2日にニューヨークの国連へ690万筆の署名を届けた報告をし、これまで頂いた1人ひとりの署名の力が、NPT(核拡散防止条約)の再検討会議に生かされている実感を話しました。
 その説明に、ニューヨークで発行した国連要請団の写真ニュースを示し、マンハッタンの1万人パレードと、段ボールで積み上げた署名用紙(ニュース6号)、署名を受け取った再検討会議の議長さんの開会総会の冒頭発言(ニュース7号)など、たいへん役立ちました。(http://www.antiatom.org/Gpress 参照)
 署名行動は、10余人で30分行い、66筆いただきました。
 その後、平和行進へ移りました。天気がよかったおかげで、沿道の人や車窓の人へ行進がよく見え、手を振ると、手を振って応える人が多くありました。その賛同が、平和行進を歩く力になりました。
 今日の行進は、参加者11人で1.5q歩きました。