竹田昭彦日誌(26)7月22日(土)

事前のお願いで 多くの人から募金〉

山口県へ引き継いだ団体リレー旗の数々
 山口県の行進は、下関市役所前の商店街からはじまりました。
 出発式の前に、昨夕、福岡県から引き継いだリレー団体旗を宣伝カーからおろし、会場に列べてみました。数えると、36本あります。同じ旗が、3本の団体もあります。福岡で、3コースが合流したからです。凄い数です。
 この他、リレー団体のリックサックや、メッセージを入れたビニールケースも多くあります。
 行進は、9時半から下関市役所前の広場で出発式を開き、10時に出ました。取材に来ていたNHKのテレビカメラもまわり、昼のニュースで報道されました。
沿道募金をいただく
 行進が進むと、募金箱を持ったカンパ隊に、つぎつぎと募金が寄せられました。事前に、平和行進が通る商店や家へ、チラシで募金のお願いをしていたからです。
 スピーカーから流れる音を聞いて、募金を手に、待っている人もいました。
 カンパ隊は、行き交う人やバス停にいる人にもお願いし、多くの人から募金が寄せられました。通行人の募金は、難しいだろうと思い込んでいた私は、多くの励ましをもたいました。
 今日の行進は、下関市内を午前に延べ73人で6辧午後は延べ66人で8卻發ました。募金は、42,600円いただきました。
 なお、行進には、パトカー1台と交通整理のお巡りさんが2人付きました。
 私の隣で行進していたご婦人は、赤信号でも通されたので、「気分がいい」と言っていました。
 私は、「平和行進はお祭りですね」と、言いました。
 お巡りさんが付くと、行進がスムースに流れます。