Home Top まえのひ

<竹田昭彦日誌(34)7月09日(水)>

兵庫県から鳥取県へ

募金をいただく=温泉町
 7月9日、今日は、兵庫県行進の最終日です。
 朝7時、和田山町の宿を車で出て、温泉町へ向かいました。
 9時半、温泉町の町民センターに着き、直ちに出発式をしました。総勢13人の参加です。教育長さんから激励のあいさつをいただきました。
 9時45分、行進がスタートして温泉街へ進むと、何軒かの家から町民が出てこられ、折り鶴48羽、署名5筆、募金5,000円をいただきました。
 その受け渡しの瞬間を、カメラに納めようとガンバリました。行進の先頭で横断幕を持ちながら、チャンスを逃がさず撮るのは難しいです。何回か挑戦し、やっと良いアングルの写真が撮れました。
 10劼曚氷埒覆垢襪函県境の浜坂町の繁華街に着きました。浜坂町の中心地の行進でビックリしたのは、町内の道路に温泉のパイプが敷設されていたことです。水道と同じ様に、個人宅で温泉が引けるのです。夢のような話しです。源湯76℃、温泉パイプ延長18.8辧⇒用家庭789戸です(町の総人口11,200人)。温泉パイプ本管は、使用しなくても冷めないよう循環方式です。
 ちなみに、温泉を引く「加入分担金」は63万円だそうです。住んでみたい町です。
鳥取県の平和行進歓迎会
=鳥取市
 行進終了地点の役場では、町長さんが玄関に出迎えられ、激励をいただきました。
 役場を訪問したので、温泉担当の窓口をたずね、温泉に関する資料をいただきました。
 鳥取県への引き継ぎ集会は、鳥取県に入った岩美町のJR山陰本線の東浜駅前で開かれました。
 西岡幸利兵庫県実行委員長のあいさつでは、兵庫県日本海コースに延べ300人以上の参加したこと、そして、延べ行進距離が70勸幣紊砲覆辰燭海函△覆蛭表されました。
 鳥取県の行進は明日からです。
 今日の夜は、鳥取市の福祉文化会館で「2003年国民平和大行進歓迎前夜祭」が開かれました。ビデオ「鳩ははばたく」を鑑賞した後、伊谷周一鳥取県原水協理事長のあいさつや、参加者の決意表明がありました。決意表明した1人の方は、1週間の休暇を取って行進に参加し、募金活動に専念すると言われました。心強い限りです。
 今日の兵庫県側の行進距離は、12kmです。
 これまで、兵庫県を歩いた距離の合計は、71.8km(5日の9kmを含む)でした。

Home Top まえのひ