竹田昭彦日誌(#18)5月22日(水)

〈恵庭市の平和の像〉

恵庭市役所に建立した平和像
恵庭市での平和行進参加者

 恵庭市役所訪問及び行進、千歳市役所訪問及び集会です。
 9時、恵庭市役所訪問では、市長さん(代理:秘書広報室長)、議長さん、教育長さんにお会いしました。
 市役所の庭には、「平和の像」(写真)が建立してありました。碑文には「恵庭市の子供達が健やかに育ち平和に、そして恵庭市がますます住みよく発展する事を強く願う」と書いてありました。
 9時45分、恵庭市役所前から行進が出発しました。
 出発時に、記念写真をパチリ。コースは、旧国道36号線を行進し、サッポロビール北海道工場まで行きました。その後、車で移動して長都駅前で、千歳市へ引き継ぎました。
 11時半、千歳市役所訪問では、市長さん(代理:秘書係長)、議長さん(代理:議会事務局次長)にお会いしました。
 夕方6時半、千歳市民文化センターの会議室で「平和行進歓迎集会」が開かれました。はじめにビデオ上映があり、その後に意見交換をしました。
 私が、1938年(昭13年)に施行した、国家総動員法の歴史を話す中で、41年(昭16年)には「米英映画上映禁止」、そして「ラジオの天気予報中止」までも規制した説明をしました。
 すると、全気象労組の人から、今は「インターネットの時代、情報は入ってきますよ」と言われました。今は、戦前の禁止と同じパターンではなく、手を変え品を変え、国民の知る権利や、発言、表現を制限、だます方策をするでしょう。
 今日の行進は、11名人で4卻發ました。