竹田昭彦日誌(#59)6月28日(木) 

《 福島から茨城へ引き継ぐ 》

内郷駅前での休憩風景=6月27日

 福島県から茨城県へ引き継ぐ日です。
 10時、いわき市の「湯本上町踏切」先から行進が出発し、参加者20人で「湯本駅」の先まで1卻發ました。
 10時20分、「湯本駅」前から湯本温泉街を署名行動しながら行進し、「湯本上町踏切」へ戻りました。先ほど行進で通ったこともあり、多くの商店の人が署名されました。行進した後に、通った所を署名行動するのは、上手い方法でした。
 11時30分、「小名浜生協病院」で、特製のカレーライスの昼食です。代金は、世界大会への参加者の費用に当てるそうです。
 12時30分、行進が「小名浜生協病院」から出発し、参加者50人でセブンイレブンの「松の中店」まで3卻發ました。昼休み時間の行進は、病院の職員が参加しやすい工夫です。職員たちは、100人くらいの手形を押した「一言アピール」の縦断幕を持って行進し、活発にアピールしていました。
 午後2時30分、「植田駅」の周辺で署名行動をしました。私は、「イトーヨーカドー」前で行い、多くの人から快く署名をいただきました。
 午後3時、「植田駅」前から行進が出発し、参加者20人で「勿来市民会館」まで3卻發ました。ここで、いわき市3日間のまとめの報告がありました。行進参加者は延べ302人、国連への署名が延べ541筆、日本政府への署名が延べ126筆です。
 その後、福島県の代表5人と私が、車で北茨木市の「平潟公民館」へ行き、福島県から茨城県へ引き継ぎ式をしました。
 今日の行進は福島県側が、区間により参加者20〜50〜20人で延べ7卻發ました。
 福島県の行進距離の総計は、16卻發ました。