竹田昭彦日誌(#49)6月18日(月) 

《 築館町で記念植樹 》

桜を記念植樹する=築館町

 若柳町の役場訪問と行進、金成(かんなり)町、栗駒町、築館町、古川市の行進です。
 8時55分、若柳町役場で出発式をし、町長さんから激励のあいさつをいただきました。行進は、参加者10人で「旧平野神社」境内まで1.5卻發ました。沿道からは、手を振る人が多くあり、元気をもらいました。
 栗駒町の「栗駒商店街」行進では、多くの店から手を振っていただき、活気がありました。近くに、大型スーパーが無いからだそうです
 午後2時30分、築館町の「栗原文化会館」から行進が出発し、参加者13人で「薬師山公園」入口まで2卻發ました。その後、築館町「いこの森」の中央広場で、平和行進記念の植樹式を開きました。参加者は、築館町の議長さんら4人の議員さんと行進者を合わせ、20余人です。広場へ植えたのは、ソメイヨシノ桜の6年ものです。建てられた木碑には、「原水爆禁止世界大会2001年国民平和大行進・6月18日」と書いてあります。お礼のあいさつした私は、「植樹したことを誇りに思い、成長を見守ります」、と約束しました。妻の実家が隣の登米郡で、帰省時などには築館町を通るので、「いこいの森」へ寄れるのです。
 宮城県下では、平和行進が通った記念に、各自治体毎に記念植樹をする運動を行っています。
 これには、大きな費用がかからず、役場の敷地や公園などの場所を提供していただければよいのです。心のこもった運動だと思います。既に若柳町役場には、桜が植えてありました。
 午後5時20分、古川市の行進は「古川市民会館」前から参加者30人で出発し、「古川教育会館」まで4卻發ました。
 今日の行進は、区間により参加者10〜30人で延べ10.5卻發ました。