2009年 原水爆禁止国民平和大行進
平和行進日誌
竹田昭彦日誌(#24)7月27日(月)
〈 自衛隊の塀に 小中学生の卒業記念絵 〉
 今日は、鳥栖市、みやき町、上峰町、吉野ヶ里町の行進です。
 昨日は、連日の豪雨と疲労で、集中力が切れ、忘れ物をしました。携帯電話、デジカメ、メモ帳、サイフなどを入れたウエストバックです。無いことに気がついたのは、宿の部屋に入ってからです。
 豪雨で持ち物が濡れることから、ポケットに分散していたのを一括でビニール袋で包み、ウエストバックに入れていたのです。
 貴重品紛失のダメージが多く、頭が真っ白になりました。
 時間をかけて記憶をたどると、忘れたのは行進終了後から宿に着く間です。
 車に置き忘れた可能性が高く、地元の役員と連絡を取って2時間後、宣伝カーにあったことが分かりました。
 届くのは明日なので、休養だと言い聞かせ、8時前に寝ました。
右から中島夫妻と孫のえみちゃん
 鳥栖市の行進では、2005年に「沖縄⇒長崎コース」を歩いたとき、ご一緒した中島夫妻とお孫さんに会いました。
 前回のお孫さんは、小1年生の男の子でしたが、今回は小1年の女の子でした。
 同居しているお孫さんは、4人(小6、小4、小1、3歳)だそうです。行進へ順番に連れてきて、平和をつなぐファミリーです。
「リレーノート」に感想文を書く行進者
 しばらくぶりに晴れたので、田園地帯の日陰の歩道に腰をおろし、休憩しました。のどかな行進風景です。
 リレーノートに記入する人たちも、ゆったりとペンを進めていました。
   
  自衛隊の目達原駐屯地の塀に画かれた小・中学生の絵=吉野ヶ里町   
   自衛隊の目達原駐屯地(吉野ヶ里町)に沿った道路を通ると、塀に小・中学生の絵が、数100mも続いて画いてありました。ビックリするやら、身震いしました。
 なぜ、こんなことが。
 小・中学生の卒業記念に画いた絵で、10年前からはじまっています。
 軍国教育をする自衛隊の1人勝ちです。教育関係者の「教え子を再び戦場におくるな」の精神は、どこにいったのでしょうか。
 今日の行進距離は、区間により参加者20〜25人で14.5km歩きました。