Home Top つぎのひ

<竹田昭彦日誌(01)6月05日(木)>

富山→広島コース出発

朝日町役場をスタートした平和行進、
右から宮坂さん、野口さん、竹田
 6月5日、9時「富山→広島コース」の出発式が、富山県の東端、朝日町役場で開かれました。
 出発式では、小谷一郎富山県実行委員長(富山高教組委員長)の主催者あいさつや、朝日町長さんの激励メッセージ(総務課長代読)をいただきました。
 9時半、52人の参加は元気に、役場前をスタートしました。
 今日の行進には、昨年「北海道→東京コース(日本海コース)」を通し行進した、長野県の宮坂英勇さんが駆けつけてくれました。宮坂さんは、私が昨年行進した「北海道→東京コース(太平洋コース)」のとき、北海道と青森県を一緒に行進した方です。
 私の今回の行進に、大きな励ましをもらいました。
 そして、この「富山→広島コース」には、自主参加で千葉県の野口隆さんも、通し行進しています。
 朝日町をスタートした行進は、車での移動を含めながら、入善町、黒部市へと進みました。
 その途中の6ヶ所で、行進をとめて署名と被爆者支援の募金活動を行いました。富山県の行進では、毎日、署名と募金活動をするそうです。
 また、行進の沿道では、多くの方々から賛同の手を振っていただいたり、お菓子の差し入れをいただきました。核兵器廃絶の思いが、沿道の人達と伝わりあいました。
 今日の歩いた距離は、朝日町、入善町、黒部市の延べ7劼任后
 署名と募金の総数は、397筆と50,627円をいただきました。

 この日誌は、2003年に日本原水協のホームページへ掲載したものです。
 今回、掲載するにあたっては、誤字、脱字、誤記等を正し、文脈を整え加筆をしました。
 また、掲載写真の若干の入れ替えと追加をしました。
 なお、平和行進の通し行進者の日誌を、日本原水協のホームページへ掲示するようになったのは、2003年からです。
                                            2009年1月

Home Top つぎのひ